●作曲上達の鍵は
lgf01a201401052000
(Picture by brizzle born and bred)
 
作曲上達の鍵は一体何でしょう?
コツやノウハウなど、とても気になりますよね。
それはずばり、
いろいろな曲を聞き、真似してみることなんだ。
例えば、超一流のスポーツ選手も自分より上手な選手を真似して
自分には無い技術を吸収していきます。

作曲でも同じようにさまざまなジャンルの音楽を聴き
実際にそのジャンルを作ってみることによって
そのジャンルの「特徴」が分かるようになってくるんです。

その特徴を他のジャンルに活かして自分なりにアレンジするのも良いですし
それぞれのジャンルのを理解することで
音楽が評価されている理由を分析することができるんだ! 

真似を恐れず、どんどん耳コピして
自分のノウハウとして頭に蓄積していけば、今よりも良い曲が
書けるようになるはずです!
本章ではそんな耳コピをマスターするために必要な
チェックポイントを紹介していきます!
【1】自分の好きな曲を分析せよ
Skley
(Picture by Skley

まずは自分の好きな音楽を徹底的に分析していきましょう。

どんなに耳コピが難しい楽曲でも
自分の好きなアーティストの曲ならなんとか続けていけるはず。

誰しも、自分の好きな音楽を作れるようになりたいですよね。

その為には、客観的な目線で冷静に作品を評価する必要があります。
どうしてこの曲が好きなのか。
この曲の美味しいと思うポイントは何処なのか。
・・といった
ポイントを蓄積することで、楽曲制作に活かせるようになっていくはず。




【2】嫌いな曲はチャンス
kirai
(Picture by Ludovic Rouchy Photography
 
誰にでも普段、聴かない音楽がありますよね。
普段聴かない音楽ということは

自分にない新しい世界観がその曲にあふれている可能性があるんだ。

そんな嫌いな音楽をあえて聞くことによって
自分にはない世界観の良いところだけ吸収できるはず。

自分にとってはいまいちグッと来ない音楽でも
売れているアーティストなら、評価されている理由があるはずです。
そんな「楽曲のヘソ」を耳コピして楽曲制作に生かしていきましょう。



【3】テンポを分析せよ 
tenpo

曲の早さをテンポと言いますが、作曲ソフト(DAW)を使って作曲をするのであれば

メトロノームを鳴らしたり、タップすることでテンポを測定できる機能
搭載されているので、その機能を利用してテンポを調査しよう!

いろいろな曲のテンポを測定することで
同じスピード感の曲を作りたいときに参考になります。

特にクラブ系のミュージックでは
ジャンルによってテンポがおよそ決まっています。
現代のクラブ系音楽はアメリカの音楽配信サイト「Beatport」で勉強しましょう! 




【4】リズムは跳ねているか否か確認せよ
haneru

曲によっては微妙に跳ねている曲もあるんだ。
 
跳ねていると、心が踊るような甘いリズム感になるので 
明るい音楽に多いみたいだね。

ちなみに跳ねているリズムをシャッフルと言ったりスイングといったりするよ。
逆に全く跳ねていない音楽を、イーブンと言うんだ。

曲を作ってみたけどなんだかのっぺりしている感じがして
違和感を感じる時は、テンポやこのスィングを加えてあげると
急に躍動感が出て良くなることもあります。


 

【5】メロディを分析してキー(調)を調べる
thumbnail_FullSizeRender

キーはメロディを耳コピすることで分析できます。
例えば音楽プレイヤーで耳コピしたい音楽を裏で流しながら

メロディに合わせてMIDIキーボードで演奏してみよう。
音感やリズム感を鍛える練習にもなるし一石二鳥だからオススメです。

メロディを構成しているスケール(音階)を探る事ができれば
その曲のキーを導きだすことができるはず。


 

【6】使っている楽器を調べよう
vio

使っている楽器は何なのか、よーく聴いて分析してみましょう。

また、機材の環境を変えることによって
聞こえなかった音が聞こえるようになることもあります。
 
普段イアフォンで音楽を聴いているなら、スピーカーで曲を聴いてみたりすることで
聞こえ方が大きく変わってくるはず。

高音質で再生できる「オーディオインターフェイス」という機械を使うのも
おすすめです。
 
高品質なオーディオインターフェイスを使えば解像度が高くなるので
小さな音の区別も付けられるようになってくるよ。

最近だとシンセサウンドが増えてきているので
明らかに分からない音が出てきたらシンセサイザーによる音だと考えてよいでしょう。

どうしても分からないときは友達に聴いてみるのも良いですし
Youtubeなどで調べるのもアリです。 




【7】コード進行を分析する。
gahag-0076370928-1
コード進行を分析することによって、自分の楽曲に生かす事ができます。
コードとメロディを丸パクリすると盗作になってしまいますが


習作を目的として、真似するのはアリです。

分析する方法はさまざまあるのですが一番良い方法は・・
楽器で和音を引きながら照らし合わせていく方法です。

例えば裏で耳コピしたい曲を流しながら、ピアノやギターで和音を演奏してみる。

コードが合っていれば奇麗に響くし
なんとなくいまいちな響きなら間違っているはず。


また、音楽理論からコード進行を導きだす方法もあります。 

その曲の調がわかれば、その調に合うダイアトニックコード
どれかのコードで構成されている可能性が高いんだ。

これはちょっと難しいけど、ベース音を耳コピするという方法もあります。
ベース音はその曲のコード進行の「ルート音」を演奏している可能性が高いんだ。

ルート音さえ分かれば、ダイアトニックコードと照らし合わせて
その曲のコード進行を分析できるはず。




【8】曲の展開を調べる
gahag-0112404584-1

曲にはイントロ、Aメロ、Bメロ、サビといった流れがありますよね。

展開でもっとも重要なことは「何が変わったのか」を調べることなんだ! 

例えば鳴っていた楽器が鳴らなくなったり、新しい楽器が登場したり
ドラムのリズムが変わったりと、音楽によってさまざまです。
 

また、作曲でサビやドロップといった盛り上がる部分を作りたいのであれば
盛り上がっていない部分を、分析するのがミソ。

特に盛り上がる直前の展開(ブレイク)に何をやっているのかによって
サビやドロップの聞こえ方が全く違うはず。
 

例えば主人公と悪役が最初から最後まで延々と戦いっぱなしだったら
そのアニメは全く面白くないですよね。
戦っていないシーンがあるからこそ、一番盛り上がるシーンでかっこいいんです。 


要するに間の取り方を分析するのがポイントです。


【0】さいごに
いろいろと耳コピに関するノウハウを書きましたが
 最も大切なことは「やってみること」です。

ここに書いたノウハウは耳コピをマスターするための一部の方法にすぎません。自分自身でまずはやってみる事で必ず見えてくるものがあると思っているよ。
ちれまる

 
↓僕も読んでます。オススメです!

耳コピ上達100の裏ワザ知ってトクするおもしろアイディア&ヒント集【電子書籍】[ いちむらまさき ]

価格:1,080円
(2016/8/6 20:21時点)
感想(0件)

コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ [ いちむらまさき ]

価格:1,404円
(2016/8/6 20:24時点)
感想(0件)

よかったらクリックよろしくお願いします♪

DTMブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村